35歳を越えての不妊治療

働く女性の晩婚化

不妊と高齢出産

子宝の相談で当店を訪ねてくださるご夫婦の年齢が35歳を越えているケースが大変多くなってきております。
では、何故35歳なのでしょう?
中国漢方では、女性は7年周期で変化するという考えがあります。
14歳までに初潮を迎え、28歳で成熟し、35歳から性機能や生殖機能が低下していくと考えられています。
35歳というのは、変化の年齢なんですね。
できれば35歳までに妊娠が理想です。

iStock_000009092219XSmall.jpg

iStock_000005468594XSmall.jpg

カラダ年齢を若くする

今、現在、社会的に女性の進出がめざましく、また活躍する場が広がっている状況では、思い通りにはいかないものです。
7の倍数が中国漢方の知恵です。
しっかりと対応策も知恵の中にあるんです。
中国漢方には体質改善からカラダを「若返らせる」とこで妊娠が期待できる方法があります。
中国漢方の知恵によって、高齢でも卵子やホルモン分泌、子宮内の年齢を若返らせ妊娠の可能性を高められると考えられています。
中国漢方は不老長寿を追求してきた長い歴史から、カラダを「若く保つ」という処方がたくさんございます。
特に、動物生薬が使われる事が多いようです。
西洋医学のホルモン療法だけでは難しいと思われる方でも中国漢方の知恵が助けになるはずです。

中国漢方も万能ではありません。個人差もございます。より健康になることが一番大切なコトだと我々は考えております。

ページの先頭へ